静岡市清水区 川原町治療院|健康保険が使えるマッサージ・鍼灸治療院

2017 2月 のアーカイブ

寝たきりをなくそう!

2017年02月24日

私たちは日頃から立ったり、歩いたりといった日常の動作で

知らず知らずのうちに重力に逆らっています。

 

重力に対する適度な抵抗、運動をすることは

健康や体力を維持するうえでとても重要と言えます。

 

 

そこで今回は「寝たきりをなくそう!」と題して

座位や立位の大切さについて考えていこうと思います。

 

 

 

寝たり、横になると体にかかる重力の影響が無くなり、

無重力に近い状態になります。

 

長期の寝たきり状態は体力を著しく低下させ、

健康に大きな弊害をもたらします。

 

その弊害は身体全体に及び、筋骨格系の機能低下に伴って、

筋力低下、変形、拘縮、筋委縮、心肺機能の低下,知的能力の低下、

耐久力低下をもたらします。

 

さらに心循環系に大きな負担をかけることになり、

心収縮低下起立性低血圧などの症状が出現します。

 

 

 

このような心機能低下は更なる運動低下状態を助長することになり、

いわゆる悪循環に陥ります。

 

 

立位では心臓と下肢との間に約100mmHgの圧力差が生じ、

血液が下肢に貯まります。

 

この血液の貯溜によって心臓へ戻る量が減るため、

一回拍出量が減り、その結果血圧の低下を引き起こします。

 

血圧が一定水準より下がると、脳は充分な血液を確保できなくなり、

目眩が起こったり、立っているのが困難になります。

 

 

このため、立位ではいかに血圧を維持するかが重要で、

血圧の低下に対して次のような調節機構が働きます。

 

 

血圧が低下すると心臓や血管内にある圧受容器の活動が抑制され、

迷走神経の求心制活動が減少します。

 

そこで交感神経活動が活発となり、その結果心拍数が増加します。

 

つまり、心臓から送り出す血液量の減少を回数で補う訳です。

 

 

もう一つには末梢の血管収縮があります。

 

四肢の血管を縮めることにより血管抵抗を増大させて血圧を高め、

脳血流を一定に維持しようとする働きです。

 

 

これら一連の反応によって血圧は速やかに回復し、

立位姿勢を継続することが可能になるのです。

 

 

このような循環調節機構は日常生活の大半を立位や座位などの

抗重力姿勢で過ごすヒトに備わった適応能力とも言えます。

 

 

分かりやすい例として宇宙飛行士を挙げてみます。

無重力あるいは微小重力環境に長期間滞在する彼らは、

言わば寝たきりに非常に近い状態です。

 

無重力環境であっても運動で負荷がかかれぱ、

筋や骨格などの運動器官の機能低下は防御できます。

 

しかし、循環調節機能と密接に関係する起立耐性は運動によって防御できず

地球に帰還後、その能カが低下していることが報告されています。

 

 

臥床期間をできるだけ短くするには、ベッドでのギャッチアップ、

車椅子座位時間の増加、そして斜面台を用いて徐々に起立位をとり、

可能であれば歩行を行うように勧めます。

 

寄り掛かりでも座位や立位など抗重力姿勢を継続して確保しますが、

それでも機能維持や改善に重要な役割を果たすと考えられています。

 

ベッドから離れ,一定時間を適切な座位で過ごすことは,

すなわち廃用症候群の予防といえます。

 

 

脳幹部に障害がない限り中脳の立ち直り反射を働かせるように

座位姿勢をとらせることは、意識回復に非常によい刺激にもなります。

 

ベッド上で30分以上の座位が可能となれば、

次は車椅子を用いてのリハビリです。

 

 

 

特に座位耐久性訓練では30分以上の車いすに座っていられれば、

次の段階では本格的な訓練を開始していきます。

 

 

座位や立位になることで心臓と頭から下肢までの高低差が生じて、

自律神経の反射による下肢の血管収縮などの循環調整作用が働きます。

 

 

普段、何も意識せず立ったり座ったりできるのは、

大脳を中心とする中枢神経が指令を出しているからで、

これが脳の活性化を高めることにもなるのです。

 

また、座位や立位になることで頭が高い位置になり視界が開け、

脳神経も刺激します。

 

 

座位をとるだけで他にも下記のような様々な効果が得られます。

 

 

①横隔膜の骨盤方向への移動により胸腔内圧が陰圧となり、

肺自体が拡張されます。

 

座位や立位では肺容量、特に機能的残気量が増加します。

 

また、背面をベットから離すことで、背面の横隔膜の動きを

しっかりと引き出し効率の良い呼吸が行えます。

 

ベッドが背中にくっついた状態というのは

圧迫により背面の胸郭の動きを阻害してしまうので、

呼吸のこと考えると背中はベッドから離す方がよいです。

 

 

②消化,排泄機能の改善

 

 

③二次障害の予防(変形・拘縮・褥瘡)

 

 

④座位能力・バランスの向上(脊柱起立筋の筋力維持と強化)

 

座位や立位では身体が倒れないようにするために、

重量に対して姿勢を保持しようとします。

 

それに伴って筋肉に力を入れて緊張させなければならないので、

臥位では働かない筋肉が働くことになります。

 

 

⑤食事,摂食・嚥下の改善

 

 

⑥目と手の協調性,上肢機能の改善

 

 

⑦休息,睡眠

 

 

⑧介護が容易化

 

 

⑨作業活動の拡大

 

 

⑩社会参加,就学,就労

 

①の「背面開放座位」は背面密着座位よりも優位に

副交感神経が低下・交感神経の亢進が認められています。

 

そしてその際には両下肢をおろさないと意味を持たず、

下肢をおろして背面開放をすることで自律神経機能に更なる影響が出ます。

 

 

従ってリハビリでまず目指すところは端座位を安定させることです。

 

 

これができるようになれば、前や横などの方向に目標物を設定し、

そこまで手を伸ばすというリーチ動作のトレーニングをすることができます。

 

このにより体幹の筋肉、バランス感覚を鍛えることができます。

 

 

以下にリハビリにおけるポイントを照会します。

 

■端座位になって抗重力筋を鍛える

 

端座位をすることで抗重力筋を鍛えることができます。

 

抗重力筋とは重力に逆らう動きをするときに使う筋肉で、

起きて座ったり立ち上がったりする時に使います。

 

抗重力筋は寝ているばかりでは決して鍛えられません。

 

ベッドを起こしての座位でもいいのですが

これだと骨盤がより後傾してしまいます。

 

他にも背もたれに頼って体幹の筋があまり働かなくなるのと、

骨盤が後傾すると、より背筋や殿筋などといった

抗重力筋が働きにくくなってしまいます。

 

ですから、なるべく端座位を取ってもらう方がいい訳です。

 

 

■寝たきりを防ぐために平衡感覚の改善も重要なポイント

 

風邪などで数日寝込んでいて、起き上った時にふらふらする、

なんて経験、あると思います。

これは筋力の問題もありますが、平衡感覚の問題も関係あります。

 

従って、寝たきりのリハビリというのは、筋力の回復と共に、

平衡感覚の改善も重要なポイントになってきます。

 

ベッドを起こしての座位でもこの平衡感覚の改善には効果があります。

 

起き上がった時にフラフラするという経験をすると、

次に起き上がろうとするときに恐怖感が芽生えてしまいます。

 

そうなると起き上がる意欲が低下してしまいます。

 

心の問題も非常に大切なポイントです。

 

病気により、状態が安定するまでリハビリを開始しないでいると

筋力や平衡感覚が弱まって、寝たきりの危険性も高まってしまいます。

 

寝たきりを防ぐために早期からリハビリを開始することも

大切なことなので、先生と相談するといいでしょう。

 

 

しかし、リハビリのときに、急に起こしたりすると、

チアノーゼ、浮腫、血圧低下など循環調節機能の低下を示す場合もあるので、

血圧の変動や血中酸素濃度などをチェックしながら行うことが大切です。

 

平衡感覚の低下による恐怖心から余計な力が入って

バランスが悪くなったりもします。

 

異変が起きたらいったん中止して様子を見ることも大切です。

 

 

長くなりましたが、以上で座位の大切さ、

立位の大切さが分かっていただけたと思います。

 

 

当院も「寝たきりゼロ」を目指して

これからも邁進していきたいと思います♬

 

 

 

 

 

『参考資料』

●背面開放座位Q&A

日本看護技術学会 技術研究成果検討委員会
ポジショニング班

 

●寝たきり状態がもたらす弊害

―循環調節障害を中心に― 愛知県心身障害者コロニー

発達障害研究所治療学部門室長 三田 勝巳

 

●「急性期呼吸理学療法」 株式会社メジカルビュー社 高橋仁美ら

など

 

理想的な姿勢のチェック法

2017年02月17日

皆さんも耳にしたことが有るでしょうか?

 

人間の脊柱は「生理的彎曲」と言って

緩いS字カーブを描いています。

 

 

その彎曲は頚、背中、腰で理想的なカーブを描くことで

車のサスペンションのようにクッションの役目を果たし、

一箇所に負担が集中しないように

上手く分散しています。

このカーブが大きくなり過ぎたり、

逆に真っ直ぐになっても局所の負担が大きくなり

肩こり腰痛など様々な症状に繋がってきます。

 

また、スポーツシーンに於いても姿勢は

パフォーマンスに大きく影響してきますし、

何より、姿勢が綺麗だと颯爽としていてカッコイイですよね!

 

 

理想の立位姿勢の一般的な指標として、

耳孔肩峰大転子膝の中心線よりやや前方

外踝のやや前方が垂直に一直線に並ぶのが良いとされています。

 

ですが、ご自分でそれを確かめることはなかなか困難です。

 

そんな時、一人でも簡単にチェックできる簡単な方法を

今回はお教えします。

 

 

まず、壁に踵を着けて立ちます。

すると通常はお尻、背中、後頭部が壁に着く筈です。

更に、身長計で身長を計るイメージで頭の位置をできるだけ

高くするよう心がけてみてください。

 

腰と壁の間の隙間は手首の厚さ位で

丁度良い腰椎の前彎になります。

 

この時、先ほどのチェックポイントが

垂直に一直線に並ぶ理想の姿勢になっています。

 

簡単な表現で言い替えると

身長が一番高くなるように姿勢をとれば、

これに近い感じになります。

 

これは座っている時も同じことが言えます。

 

初めは大変な気がしますが、

日頃から姿勢を意識していると徐々に楽になってきます。

 

 

皆さんも綺麗な姿勢で街中を颯爽と歩いてみましょう!

いざ!減塩の道へ✩

2017年02月13日

いったい、減塩とはどのくらい減らしたら良いのでしょうか?

 

 

WHOでは、食塩摂取量は1日あたり 5 g を推奨しています。

 

しかし、日本人の食塩摂取量は男性 11.3 g、女性 9.6 g と非常に多い状態です。

いきなり5gを目標にするのは無理があるため、食事摂取基準2015では

男性 8 g・女性 7 g 未満を目標としています。

 

 

また、日本高血圧学会では1日 6 g 未満としています。

高血圧の気になる方は、「目指せ!6 g 未満✩」ですね。

 

 

目標は分かりましたが、さて、どうやったら減塩出来るのでしょうか?

 

ここでは、減塩のポイントをご紹介しますね!

 

 

 

ポイント1 「だしを使おう✩」

 

 

だし!つまり[うま味]を使うことで、塩分を減らしても

美味しく食べることが出来ます。

 

カツオだし、昆布だし、ニボシや干し椎茸でだしをとったりもしますが、

めんどうでなかなか出来ない人の方が多いのではないでしょうか?

 

 

かくいう私もその一人です(干し椎茸くらいはやりますよ)。

 

 

では、具体的にどうしたら良いのでしょうか?

 

 

私のオススメは『カツオ節』です!

例えば、味噌汁は野菜たっぷり(野菜からもエキスが出てきます)にして

カツオ節を1袋(3~5g)入れてしまいます。

 

 

ただ入れるだけなので、簡単に出来ますよね!

 

ちなみに、野菜では玉ねぎ・キャベツ・白菜などは

よくエキスがでるなぁと思っています。

 

 

さらに、カツオ節の場合は野菜炒めなどの炒め物にも

入れることが出来ますから、ぜひ入れてみて下さい。

 

うま味が増して、薄味でも美味しく食べられますよ!

 

 

 

ポイント2 「コクで減塩✩」

 

コク!です。

 

つまり、味に深みを出すということですね!

 

 

ここで使われるのが『牛乳』です!

 

例えば、味噌汁に牛乳を入れてコクを出すことで味噌の量を減らす!

という方法があります。

 

 

味噌汁に牛乳~!?と驚かれる方もいると思いますが、

味噌と牛乳は相性が良いので意外と合うんですよ!

 

 

ただし、人によってはシチューのような味に感じてしまうかもしれません。

そうなると、味噌汁ではなくなってしまいます。

 

 

そういう人にオススメなのが『豆乳』です!

色は白くなってしまいますが、味は味噌汁ですよ!

ぜひ、お試し下さい♬

 

 

では、牛乳(豆乳)をどれくらい入れたら良いのでしょうか?

 

まず、普通のお味噌汁には味噌がだいたい10 g(塩分 1.2 g)入っています。

 

 

私は水を1/3と味噌を2/3減らし、減らした水の分(1/3)の豆乳を加えています。

 

 

この量はとても薄味なので、まずは

「味噌を少し減らして、牛乳(豆乳)を大さじ1杯入れる」

ところから始めてみて下さい!

 

 

また、牛乳(豆乳)を入れた後に沸騰させてしまうと

固まってしまったりするので、牛乳(豆乳)は最後に入れて

温める程度に加熱して下さい。

 

 

 

ポイント3 「酸味を上手に✩」

 

味には、酸味・甘味・苦味・塩味・うま味・辛味があります。

 

バラエティに富んだ味付けにすることで、

塩味ではない味付けを楽しんではどうでしょう?

 

 

特に酸味は、柑橘類(ゆず・かぼす等)を使うことで香りも加わり、

塩分を減らしても美味しく食べることが出来ますよ!

 

ちなみに、ポン酢の塩分は醤油の半分程度なので、

醤油の代わりに使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

今回は、減塩のポイントを3つ紹介しました!

 

全てをやるのは難しくても、やれそうなものを1つ試してみて下さい。

 

実は、減塩って料理を美味しく楽しむための工夫でもあるんです(^-^)

 

ぜひ、実際に感じてみて下さい♬

 

 

 

さて、ここで減塩に役立つ情報を1つ✩

 

4月1日から食品の表示の仕方が新しくなりました。

 

今まではナトリウムと表示されていたものが、

食塩相当量として表示されることになります。

 

(ただし、変更するまでに5年間の猶予があるため、

徐々に変更された表示のものが増えてくると思います)

 

 

これで自分が普段食べている物の中に、どれくらいの塩分が入っているか

分かりやすくなりましたね。

 

 

また、今まではナトリウム表示だったり食塩相当量だったりで

統一されていなくて比較しにくかったのですが、

今後は商品を見比べて、塩分の少ないものを選ぶことが出来るようになります。

 

 

楽しく!美味しく!目指せ減塩✩健康への道!

ぜひ、活用してみて下さい♪*゚

 

 

 

 

 

文章作成 川原町治療院 スタッフ 齊能(管理栄養士)

 

<参考文献>

・食品表示基準 内閣府令

・食事摂取基準2015

・高血圧治療ガイドライン2014

薬膳で考えた冬のお鍋☆

2017年02月13日

まだまだ寒さは続きますね!

こんな時、温かいお鍋が恋しいものです♬

 

 

『お鍋』といったら、皆さんはどんなお鍋を想像しますか?

 

・・・キムチ鍋・豆乳鍋・海鮮鍋etc. 何を入れても美味しいですよね!?

 

今回は薬膳(東洋医学)で言うところの、 冬にオススメの『お鍋』

を紹介したいと思います!

 

 

そもそも薬膳とは、料理に「生薬」を混ぜたものではありません。

食品1つ1つの効能を考慮して作られた料理が薬膳なのです!

 

全ての食物には、必ず効能が備わっています。

 

食材をうまく組み合わせて、季節やその時の体調に合わせることで

薬膳となります。

 

 

食物には体を温める「温熱性食物」と、体を冷やす「寒涼性食物」と

どちらにも入らない「平性食物」の3つに分けられます。

 

 

寒い冬は少し温熱性食物を多めに摂って、体を温めたいですね!

 

 

では、どんな食物が体を温める食物なのでしょうか?

例を上げてみましょう。

 

 

「温熱性食物」

・唐辛子・胡椒・ニラ・にんにく・ネギ・生姜・いんげんまめ

 

「寒涼性食物」

・ほうれん草・セロリ・トマト・きゅうり・大根・ごぼう

 

「やっぱり!」と思われましたか?

それとも「えええ!」と驚かれたでしょうか?

 

 

温熱性食物はまだまだ沢山ありますが、

その前に 実は寒涼性食物も冬にオススメなのです!!

 

ちょっと意外ですよね?

 

寒涼性食物には体内に溜る老廃物を除去する力があり、

ウイルス等を追い出す働きもあります。

 

インフルエンザが怖いこの時期にぜひ摂りたい食物です!

 

 

『お鍋』で考えてみましょう!

 

<キムチ鍋>なら、温めるものとして唐辛子とネギ、 ウイルスの撃退に大根、

メインは豚肉(平性食物)にしたらバランスが良くなります。

冷えの強い方ならメインを鶏肉(温熱性食物) にしても良いと思います。

 

 

<豆乳鍋>なら温めるものとして生姜とネギ、 ウイルスの撃退に大根はいかがでしょう。

ちなみに豆乳は平性食物です。

お鍋に欠かせない食材の白菜や人参も平性食物ですから、 たっぷり入れて大丈夫です。

 

*日常に食べている食物の70%が平性食物です。

 

 

<海鮮鍋>なら温めるものとしてエビと鮭、 ウイルスの撃退に昆布はいかがでしょう。

 

今回は『お鍋』ということで紹介させて頂きましたが、

ぜひ普段の食事にも生かしてみて下さい!

 

因みに、私は冷えが強いので朝のお味噌汁に生姜を 追加するようにしています

(味噌も温熱性食物です)!

 

 

ちょっとした心がけで体調は変化します。

皆さんも、参考にして頂けたら幸いです。

 

*温熱性か寒涼性か気になる食物がありましたら、 お気軽にお尋ね下さい。

 

 

 

川原町治療院 スタッフ 齊能 千夏(管理栄養士)監修

 

<参考文献>

・現代の食卓に生かす「食物性味表」改訂版

日本中医食養学会 発行  2009年2月1日

最新記事

アーカイブ

カテゴリー

有資格者による質の高いマッサージ。

当院はスタッフ全員が国家資格を有し、プロとしての志を高く持ち"安心のマッサージ"をご提供しております。